読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舘そらみのオトコミシュラン

2017年は、セブ島か東京に居ます。

We ARE X という映画を勧める使命を、私は勝手に負っている。

X JAPANドキュメンタリー映画が公開されている。

正確に言うと公開ももう終盤で、私は初日に見に行く使命を担っていたのに(勝手な責任感)、X友達となかなか日程が合わなくてやっとこさ見に行った。

一人で見る勇気は出なかったのだ。

 

f:id:soramidate:20170326232056j:plain

(最近は街中で、広告を見つけたら写メって呟くのが使命)

 

wearexfilm.jp

 

eiga.com

 

30年の、X JAPANの歩みを描いたドキュメンタリー。

ものすごい覚悟で見に行ったんだけど、ファンにとっては「うん、見守ってたよ」の心境。

どちらかと言うと、「うん、そうだったね、共に経験していたよ」の心境。

Xの歩みと共に私の人生はあったから、まるで家族の物語でも見ているような不思議な気分で、すんなり見ていた。

描かれること全部、知ってた。全部、ずっと見てた。

 

とは言っても、hideの死の描写を見ながら、

ああ、あの時の彼がどういう存在で、

彼の突然の死が私たちに一体どれだけの衝撃を与えて、

それからどれだけの悲劇の連鎖と軋轢を生んだのか、

今もどんな風にhideを思いながら私たちが生きているのかを描くことは、不可能なんだろうなあなんて思ってはいたのだけれど。

 

f:id:soramidate:20170326232045j:plain

 

残念ながら私は、この映画をもはや全く客観的に見れてないので、色々分からない、全く分からない。

映画を見て薄々気づいたんだけど……私、なんだか、Xと似ている…!

あまりにも長い間Xのことを考えながら成長してきたので、いつの間にかXの思想みたいなものが私自身を形作っているようだ…映画を見ながら、「すごい、なんかめちゃめちゃ似てる」と笑ってしまった。私から似にいったんだろうけど。憧れだから、超絶な。永遠の。

 

なので、もう本当にXに関してしまうと分からない。

でも「Xが好き」って言いまくることを選んだので、「今映画やってるよ」も言うのです。勝手なる、自己満の使命感なのです。

 

そういえば映画の中で、Xは「人の痛み・人の傷に寄りそう存在」なんて言われていて、

「ああ、そうだなあ、私もキズに寄り添われたんだなあ」とか思い出した。

 

私のその傷は早熟で、あれは12歳の時。

12歳なんてガキンチョだけど、ガキンチョにも絶望は訪れるもので、あれは紛れもなく絶望という心境で、12歳は12歳ながら絶望と孤独の中に居た。

そこに、入ってくれたのがXだった。それまでも好きだったものの、その瞬間、私は完全に彼らを信頼した。

「世の中楽しいことあるよ」なんてことは言ってくれず、

「私以外にも、苦しみまくって、それを叫んでいる人がいる」という感覚だったように思う。

全てが自分から遠いものに見えていたなか、Xだけが傍に居る存在に思えた。

今から思うと、Xが私を世界にとどませてくれたなーと思う(12歳の絶望というやつはそういう側面を持つ)

 

なので、なんというか、傷がある人は見たらいいと思う。いや、わかんないけど。

もうホント、Xに関することは分からない!

でも、漠然と名前と曲と、洗脳や死があったことは知ってても、実際どんな歩みか知らない方も多いと思うので、

これだけずーーーーーっと、ただただ前へ前へ進もうともがいてきた存在であったのかって、驚きであると同時に刺激になるんじゃないかなあ。

監督も、有名な方らしい。様々な映画祭の賞を取っていたり、今サントラがイギリスでチャート1位になったりもしてます。よ。

 

不思議だなあと思うのは、いつの間にか、Xという存在がアーティストそらみにとっても創作刺激になっていて、表現の原動力になっている。

今のささやかな夢は、ラジオに出て、Xの曲をかけること。想像するだけで、小学生の私が呆然と喜びそうでワクワクする。

 

もうすぐ終わっちゃうからね。

使命感による、「終わっちゃうよ」っていう投稿。

【映画】

DVD発売中「私たちのハァハァ」

【WEBコラム】

「31にもなって約2週間仕事もせずにXを無心で追いかけてみる」

「初めましての恋バナ図鑑」

【劇評】

2月2日朝日新聞デジタル

【掲載】

週刊SPA!「いま、女たちが「都合のいい男」を欲しがるわけ」

LIG「言葉オタクなんです、私」

 

お仕事・取材のご依頼はこちら【お問い合わせフォーム

今までのブログは【舘そらみのオトコミシュラン】←気が向いたらこっちも更新します。